天災インフォドットコム

天災に関して原因や対策を分かりやすく簡単に解説

コラム

地震予言「18’vvv see 0954」の暗号は2018年のことなのか?

投稿日:2017年12月14日 更新日:

「18’vvv see 0954」「咸ミニハtiカ 」

ネットでも様々な解読が行われている2062年からきた未来人によるこの暗号。
この未来人は、2ちゃんねるの掲示板に現れた2062年の未来人と名乗る日本人(男性)です。

2011年3月11日の東日本大震災や2016年4月14日の熊本地震を示唆するような書き込みも過去に存在し、注目をあびている。

今回はこの未来人が残した暗号を中心に紹介していきます。

 

「18’vvv see 0954」と「咸ミニハtiカ」の解読

様々な解読が行われているこの暗号。
2062年からきた未来人がこの暗号を残したのは2016年5月17日。

今更になるが、当時解読されていた最も有力だった内容をまとめてみた。

「18’vvv see 0954」の解読

18’=18日
vvv=津波(v=ローマ数字の5で「ゴゴゴ(津波の音)」、vvvが波の形に見えるなどから)
see=sea=海=海の日
0954=9時54分

この年の7月18日に調査に行くという未来人からの書き込みもあった。

よって、「2016年7月18日(海の日)の9時54分に津波が発生する」

「咸ミニハtiカ」の解読

咸=みな(訓読み)
ti=ち
そのまま読むと、みなミニハちカ

よって、「南には近づくな」

tiカの部分を逆に読むとカイト、咸ミの南と組み合わせて「南海トラフ」
9時54分の数字を逆に読むと「四国」
などの解読の見方もあり、これらが示す場所に重なりもみえる。

 

まとめ

津波の要因となるのは地震なので、これらをまとめると。

「2016年7月18日の9時54分に南海トラフ地震(南海地震)が発生する」といった内容だ。

当時はこれが的中するのではないかと前日や当日にソワソワしていた方が大勢いたことだろう。

しかし、この内容が的中することはなかった。

 

18’=2018年説

「18’vvv see 0954」の18’は「2018年」と捉えることもできる。

1月8日や逆にみて8月1日など様々な捉え方ができるが、2018年と捉えるのがおそらく有力であろう。

もちろん全て予想の解読などで確証などないのだが、2018年に地震が起きると予言されているのはこれだけではない。

地震の予言や予知に関する内容は、毎年ネットなどを中心に多く発表される。
もうこれらの情報は見飽きてしまったという方もおられるだろう。

しかし、この2018年に関してはその内容が特に多い。
超能力者や研究者、古い書物などから2018年の地震を予言、予想する情報が多く出回っている。

これらを全て紹介するのは情報量が多すぎて今回は省かせてもらうが、それ程「18’=2018年」と紐付ける内容が多いということだ。

 

最後に

最後に今回の未来人の内容にあった情報を一つだけ紹介する。
同じく2チャンネルの掲示板に現れた自称未来人を名乗る人物だ。

2062年からきた未来人と未来の近似性もあったので話題になった。
これは未来人というか、2047年から現代にタイムスリップしてきた人物の話だ。

タイムスリップしてきたのはさかのぼること2014年。
眠りから目覚めると2047年から体も若返った状態で2014年にタイムスリップというのだ。

もしこれが本当だとしたら現代科学では証明できない何かがはたらいたことになる。

そしてどうやら2047年までの記憶が残っているようで、2018年に地震が起きるといっている。

その内容は割と細かく書かれていたが、簡単にまとめるとこうだ。

2018年12月9日にマグネチュード8.5を記録する東海地震が発生。
静岡と三重で最も被害が大きく、2日前から余震が発生する。

もちろんこれらの内容は全て信じる信じないは自由だ。

しかし、当サイトとしては的中しないことを切に願う。

-コラム

Copyright© 天災インフォドットコム , 2021 All Rights Reserved.